Both the load and the course of life shimmered in the moonlight.
じぇいsの時々更新しているBlogです。 Blog名長いし訳わからないので、” Blog じぇいs ”で検索されたほうが出やすいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネギラーメソ。
どうも、じぇいsです。

大学の一部教室で冷房はいったのはいいけど、冷房で風邪引きそうd

下の画像はかぜにはねぎがいいらしい(?ので、即興でねぎラーメンを作ってみた時の絵です。

最初、とんこつラーメン。最後はねぎの味しかしませんでした。

20060524222603.jpg


スポンサーサイト

すぇつぶん
今日(更新時)は節分です。

地元(長崎)にいるときは、ただ豆を力いっぱいに投げつける日、もしくは豆まきという名の元に、鬼役の人間を公然といじめられる日という認識しかありませんでした。

が、

地元にいるときは知らなかったのですが、節分には各家で巻き寿司をつくって、その年ごとに決まった方角を向いて、きらずに、まるごと、
そして、一言も口をきくことなく食べる

(包丁を入れないのは縁を切らないために。何もしゃべらないのは、福が逃げないため、だそうです。まちがっていたら、ごめんなさい。)

なんでもいいから、いわしを食べる

など、ということをこっちに来てはじめて知りました。

昨年は豆まきすら出来ませんでしたが、今年は違います。
豆まきは、鬼役がいないので断念せざるを得ませんが、せめて巻き寿司やいわしは食っておきたい。

そう、巻き寿司と、いわしを・・・・・・・・

ということで、作ってみました。

いわし寿司


説明しよう。
いわしと、寿司、両方作るともしかしたら、わたしのおなかのキャパシティが足りない危険性がある。しかし、二つの料理を一つに、一人前+一人前=一人前。なおかつ、二つの料理のいいところを・・・・

まぁ、あれだ、

カッとなってやった。今は反省しているm(_ _)m

で、料理がこれだけだといろいろきついので、ほかのも作ってみた
寿司盛り合わせ


上から、いわし、鉄火、イカ、貝柱、サーモン。その他厳選素材を使ったかもしれない、巻き寿司盛り合わせとなっております。

まぁ、あれだ、意外といけるよ?(いわし以外)

でも、絶対、ほかのところでもやってるよなぁこのネタ・・・・(´¬`) と思ってみる。


追伸:
これをやりたいために、吹雪の中自転車こいでたおれ、超おつ。


サークル
注)この記事はUP日から、ちょっと前(? に書かれたものです


食欲が止まりません(・∀・)

休みの日の夕食に多目のカレーを作って、あれよあれよという間に炊飯ジャーのゴハン三合分が消えました。無論なべの中のカレーもありません。

学校が終わって、サークル前に晩御飯食べたにもかかわらず、何食わぬ顔でサークル後に仲間と学食で二度目の晩御飯を食べたりしています。

自分の事ながら寒気がします。

これが冬眠前の熊ならごく自然な行為なのですが、あいにく、ワタシは人間です。
一度にたくさん食べても、翌日には腹が減ったりします。
その一日分の余分なものは私の体の中に、着々と蓄えられていくわけですな。
あぁ、恐ろしい(((; ゚Д゚)))ガクガクブルブル


どうも、じぇいsです


そんな中サークルの後期最大の行事、定期演奏会を終え、一段楽ついたので、二度の晩御飯を食べる機会もなくなって、空いた時間もふえたし、これからは(きっと)このサイトも少しずつ更新されていくことでしょう(?


本日は程よく酒が入っているので何が言いたいのかわかりませんが、ここで終了。

いいよね?誰もこんなサイト見てないし。

おまけ
で、後日もらってきたパンの耳がこちら

pannmimi.jpg

( ゚Д゚)!?

多!?

先輩殿
doumo Jei-s desu

一昨日のサークル後の学食で……

先輩殿 (T村K平) : 「○○○(サークルでの呼び名)、バイト先からパンの耳もらってきてくれへん?」

??? 

お話を伺うと、どうやら、来週の大学の文化祭でパンの耳を使った、かりんとうみたいな砂糖菓子を作って、売るらしぃ。

で、経費削減のため、僕のバイト先のパン屋さんで、タダでパンの耳を仕入れるため、僕に面倒ごとを押し付けた白羽の矢が立ったというわけですね~

まぁ、ついでだし、先輩殿には大変失礼なことをした罪滅ぼしもかねて引き受けましょう。

僕のバイト先では、普段から、パンの耳はある程度たまったら店先に置いて、欲しい方が自由に持って帰っているんですが、この時期、一度も店に来たようなことのない若い方が、同じようなことを頼みに来て断られていたようです。 (理由はカンタン   取っておくの面倒くさい)

そういう意味では、先輩殿が僕を交渉役に選んだのは正解でしたね。
面倒くさくないし 店長さんも、バイトの子の頼みなら、と引き受けてくれました。

ここから、お店の方と、出店の商品は何が一番利益が出るのか?という話題でお話したのですが、少なくとも、先輩殿のやろうとしてることは、あまり、効率よくないそうです(´・ω・`)

パンの耳がタダでも、油で揚げるときパン耳が油をよく吸い (これが金かかる)、砂糖も馬鹿にできないということで、コストがかさむ上、商品的にあまり高い値段設定ができない…ということで、パン屋ではこれの商品化はないそうです。

この後、同じ文化祭で3人でフランクフルト売って10万稼いだ人の話を聞いたり、結局、利益よりみんなで楽しめればいいよね~なんて、ことで、会話が終わりました。


ふと、商売について考えさせられた一日でした(´¬`)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。